生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

三日坊主で困っている方。大丈夫、あなたはすごい力を持っています

三日坊主という言葉。

 

この言葉にどのようなイメージを持っていますか?

 

多くの方がネガティブなイメージを持っているのではないでしょうか。

 

物事を始めても3日で飽きてすぐに辞めてしまう。

 

継続力が無いと思われることが多いでしょう。

 

ネガティブなイメージを持たれがちな三日坊主ですが、実は見方を変えることによってポジティブなイメージに変わります。

行動自体はしている

三日坊主になってしまう人は、まず行動自体はしています。

 

いつまでも「やりたい!やりたい!」と考えているだけで行動に移していない人よりはるかに良いです。

 

継続力は無いかもしれませんが、行動力はあります。

 

筋トレをやろうと思っていて忙しいからと理由を付けて全くやらない人よりも、三日坊主でも良いので実際に筋トレをした人の方が圧倒的に良いです。

 

三日坊主の人が3に対し、何も行動しなければ0です。

 

僅かではありますが、何もしない人より全然良いです。

 

物事を継続させるには?

三日坊主の方とはつまり、行動力はありますが、継続力が無い方のことを指します。

 

継続力さえ身につけば素晴らしい人財になること間違いなしです。

 

じゃあその継続力ですが、どのように身に付ければ良いのでしょうか。

 

過去の記事にも書きましたが、あえて毎日のルーティーンの負荷を下げる、などですね。

 

この辺りは過去記事を読んでみてください。

 

断続を目指すのもあり

継続ではなく、断続を目指すのも1つの方法です。

 

正直なところ、毎日何かを継続するということは皆さんの思っている以上に難易度が高いです。

 

最初のうちはやる気もあり、毎日続けることができるかもしれませんが、段々とやる気が無くなっていき、次第に「今日はいいや、明日やれば良いや」と思うようになります。

 

明日やれば良いやと毎日思っているうちに、結果続けることができなくなってしまいます。

 

そこで、断続の登場です。

 

継続の場合は毎日毎日コツコツと続けなければなりませんが、断続の場合は途中途切れながらでも、長期的に続いている状態となります。

 

継続に比べると積み重ねる量が少なくなってしまいますが、それでも全くやらないよりは何倍も良いです。

 

毎日毎日記事を書くのはしんどいし、気が向いたら書けば良いや、という感じに継続に比べて気楽に物事に取り組むことができます。

 

三日坊主を何度も何度も繰り返すみたいなものですね。

 

ただ、1つだけ注意点があります。

 

それは、完全に物事を辞めてしまう可能性があるということです。

 

上記の通りですが、完全に辞めてしまうとこれからの積み重ねが一切無くなってしまいます。

 

今までの積み重ねがあったとしても、そこからさらにプラスになることはありません。

 

ブログも今までの積み重ねがあったとしても、書かなければプラスにはなりません。

 

1週間に1記事でも良いので書いていくと必ずプラスにはなります。

 

断続を目指すのも良いですが、正直な所、再び物事を始めようとするとかなりの労力が要ります。

 

今までやっていたゲームを再開など、自分にとって苦痛にならないものならまだしも、ブログや筋トレのような苦痛(苦労?)するものは再び始めるのは億劫になります。

 

人間は誰しも面倒くさがりなので、面倒くさいことを再び始めるにはエネルギーが必要なのですね。

 

1番は毎日コツコツと継続

三日坊主が悪くないといっても、やはり1番良いのは毎日コツコツと継続することです。

 

継続すると、三日坊主や断続に比べて圧倒的に積み重ねるスピードが違います。

 

ブログで毎日記事を書くのと1週間に1記事しか書かないのでは、積み重ねる記事の本数に圧倒的に差が出ますよね。

 

また、物事を習慣化して継続をするようにすると、断続に比べて物事に取り組むエネルギーが少なく済みます。

 

断続だとブランクがある分、物事に取り組む際に「やっぱりするのだるいなぁ・・・」と感じてしまい、余計な労力を使いがちです。

 

それに対し継続だと、ブランクが無い分淡々と物事に取り組むことができます。

 

理想は感情を挟まず、毎日歯磨きをするかのように黙々と物事に取り組むことです。

 

「だるい」「やりたくない」という感情を全く感じず、毎日続けることが理想的ですね。

 

ブロガーのマナブさんは約800日毎日淡々と記事を更新していますが、気が乗らないときがあっても構わず記事を書くそうです。

 

断続を目指すのもありと言いましたが、まずは継続を目指し、ダメそうなら断続にしてみましょう。

なぜ、あなたのやる気は続かないのか

なぜ、あなたのやる気は続かないのか