生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

自信が無いときほど胸を張れ

営業や恋愛といったコミュニケーションが重要な場面で絶対に欠かせないものとは何でしょうか。

 

それは自信です。

 

自信なさげに商品説明をされてもあなたは説得力を感じませんよね?

 

「本当にこの人はこの商品についての知識があるのか?」と疑問に思ってしまいますよね。

 

恋愛の場面でも、女性は自信が無さそうなナヨナヨした男より自信溢れて自分をリードしてくれそうな男を選びがちです。(人や流行にもよる)

 

自信は重要なのですが、中々持つことができないという人は世の中に沢山います。

 

「根拠の無い自信を持て」とも言われることがあるそうですが、どのようにして自信を持ったら良いのでしょうか。

とりあえず胸を張る

とりあえず背筋を伸ばして胸を張ってみましょう。

 

コミュニケーションを取るときは勿論、普段の生活でも胸を張って生活をしてみましょう。

 

すると不思議なことに、何故だか「自分に自信がある!俺様が一番偉い!」と考えるようになり、気分が上がってきます。

 

自信が出てきて気分も上がっているためか、コミュニケーション能力も向上します。

 

僕は新入社員なので、配属先の人は皆先輩です。

 

先輩と話すとき、背中を丸め、自信無さげにして話すとどういうわけか緊張してしまい、話の内容を覚えられなかったり、良い返しができないということが多々ありました。

 

そこで、背筋を伸ばし胸を張って自信あるような素振りで話すと、自然と落ち着いて会話をすることができ、相手の話をしっかり理解できたり、良い返しができるようになりました。

 

コミュニケーションを取るときに緊張してしまうという人はまずは形から、堂々とした態度で会話に臨んでみましょう。

 

胸を張って自信ありげにしていると傲慢な人だと思われない?

背筋を伸ばして胸を張ることで自信が出てくるということはお分かりになったと思います。

 

しかし、胸を張っていると他人に傲慢な人だと思われてしまう、と考える人がいると思います。

 

確かに、会社の上司の前で胸を張っていると、上司に「お前より俺の方が偉いんだぞ!」と思わせてしまうかもしれません。

 

それでも、胸を張って堂々としても大丈夫です。

 

胸を張らずに、自信が無い状態で上手く会話できない方が大きな問題になってしまうからです。

 

上司からの重要な指示を上手く覚えることができなかったり、コミュニケーションが取れない方が上司からしたら困り者です。

 

また、堂々としていた方が上司から「お、やる気があるな!」と思われるかもしれません。

 

ナヨナヨしているより堂々としていた方がギラギラしてて仕事を頑張ってくれそうな感じがありますからね。

 

もし胸を張っていて文句を言ってくるような上司がいたら無視しましょう。

 

自分に自信が無いから、人を蹴落として相対的に自分が上に見せかけているだけです。

 

放っておきましょう。

 

根拠の無い自信はたしかに大切だが、やはり根拠のある自信には勝てない

胸を張るとたしかに何となく活力が湧いてきて自信が湧いてきますが、正直な所それは本物の自信ではありません。

 

というのも、胸を張って得た自信は根拠の無い自信だからです。

 

根拠の無い自信を持つことはたしかに大切です。

 

しかし、その根拠をいずれ見つけなければなりません。

 

根拠の無いままだと、やはり無意識的に自分のネガティブな面を考えてしまい、やがて自信を失ってしまいます。

 

自信の根拠を見つけるためには、どんなに小さくても良いので成功体験を積み重ねることです。

 

仕事で、初めてミス無く仕事をこなすことができた。

 

片手腕立て伏せができた。

 

どんなに小さな成功体験でも積み重ねれば、自然と自信が湧いてきます。

 

どんなに小さくても、成功は成功です。

 

成功したら誰だって嬉しいものです。

 

初めて自転車に乗ることができた時も嬉しかったですよね?

 

とにかく成功体験を積み重ねましょう。

 

その積み重ねが自信となり、ただ胸を張るだけとは違う、本物の自信を手に入れることができます。

 

まわりに振り回されない自信の教科書 これで、あなたも一流の自信持ちになれる!

まわりに振り回されない自信の教科書 これで、あなたも一流の自信持ちになれる!