生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

これで体育祭でモテモテ間違いなし!?足が速くなる歩き方

皆さん、自分がどんな姿勢で歩いているのか見たことがありますか?

 

おそらく、見たことがない人がほとんどなのではないでしょうか。

 

人によって歩き方は様々なのですが、実は走るのが速くなる歩き方というものが存在します。

 

それは、もも裏歩きです。

 

このもも裏歩きというのは、フットボールネーションという漫画に描かれていた歩き方です。

 

フットボールネーション コミック 1-13巻セット

フットボールネーション コミック 1-13巻セット

 

 

 

 

もも裏歩きの効果は?

もも裏歩きをすることによって、アクセル筋と呼ばれる、ハムストリングスを使いながら歩くことになります。

 

ももの筋肉には、ブレーキ筋とアクセル筋の2種類あり、ブレーキ筋は大腿四頭筋、アクセル筋はハムストリングスがそれぞれ当たります。

 

アクセル筋は名前の通り、走る、歩く時のスピードを出す際に用いる筋肉です。

 

ブレーキ筋は走っている時、歩いている時に止まる際に用いる筋肉です。

 

もも裏歩きをすることによって、ハムストリングスを使い、鍛えて、そしてハムストリングスの使い方を知ることが出来るようになります。

 

まずはもも裏歩きでハムストリングスの使い方を知り、そこからジョギング⇨ランニング⇨ダッシュと徐々にステップアップして、ダッシュでのハムストリングスの使い方を体に染み込ませましょう。

 

自宅で手軽に行えるハムストリングスの鍛え方

ハムストリングスを使って歩くことによって、足が速くなることは分かりました。

 

とすれば、ハムストリングスを鍛えればさらに速く走ることが出来るようになるはずです。

 

そこで、手軽に自宅で誰でも行えるハムストリングスの鍛え方を紹介します。

 

それは、ヒップリフトです。


ヒップリフト/お尻を鍛える/スロートレーニング実践講座

 

ヒップリフトはダンベルなどの道具も必要なく、自重で手軽に行うことが出来ます。(勿論、ジムでバーベルを用いてすることも出来ます。)

 

ハムストリングスや大臀筋を効率良く鍛えるには、足を遠くに置くようにすると良い具合に刺激が入ります。

 

足を遠くに置きすぎて5秒も耐えられないという人は、無理せず足を近くに置いて、慣れてきたら段々遠くに置くようにしましょう。

 

毎日30秒だけで良いので、継続するとハムストリングス、大臀筋が鍛えられ、走るのが速くなります。

 

僕はこのトレーニングを高校1年生の時からほぼ毎日続けてきましたが、高校3年生の時には50メートル走が6.2になりました。

 

走るのに興味が無いという人でも、このトレーニングを続けると余分な脂肪が燃焼され、程良く筋肉が付いた健康的な脚を手に入れることが出来ます。

 

女性にも嬉しいヒップアップの効果もあります。

 

筋トレすると足が遅くなるというのはもう時代遅れ

僕の部活仲間にも居ましたが、筋トレをすると足が遅くなると考えている人がまだ世の中の大半を占めています。(日本ではね)

 

しかし、実際には逆で、筋トレをすると足は早くなります。

 

勿論、筋肉をつけ過ぎたり、身体のバランスを崩すような付け方をすると遅くなりますが、基本的には単純に力の出力が上がるので速くなります。

 

世界一走るのが早いウサイン・ボルト選手もムキムキですよね。

 

ボルト選手だけでなく、他の陸上短距離の選手はムキムキが多いです。

 

足が速くなりたいなら筋トレはすべきです。

 

走るのに支障が出るほど筋肉を付けるのが怖いっていう人には、自重トレーニングをオススメします。(ウエイトを使っても走るのに支障が出るほど筋肉を付けるのは難しいが)

 

www.athleteeeee.net

 

 

自重トレーニングなら筋肉を付け過ぎることもないし、関節にもそれほど負担はかかりません。

 

筋トレをしないという選択肢はありません。

 

自重でもよいので、しっかり筋トレをしましょう。

 

足が速くなりたいなら歩き方を変えろ

足が速くなる方法をまとめると、

・もも裏歩きでハムストリングの使い方を覚える

・筋トレして力の出力を上げる

 

とりあえずすぐにでも取り組めることはこれくらいでしょうか。

 

筋トレに関しては長期的にやらないと意味がありませんが、今すぐにでも腕立てやスクワットが出来ます。

 

他にも上体や手の振りなどのフォームの改善も必要ですが、それはYoutubeなどで勉強しながら実践してみると良いでしょう。

 

とにかくまずはハムストリングを意識。

 

それだけであなたは走るのが多少なりとも速くなるはずです。

 

運動会、体育祭でモテるために頑張りましょう!