生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

量より質?質より量?量質転化の法則を知れ。

質より量。

 

量より質。

 

もうね。耳にタコが出来るほど聞いてきました。

 

ブログを始めた際、ブログについて調べていると、「ブログは記事数で勝負だ!」

「記事の質が重要」と、様々な意見がありました。

 

受験期にも「ダラダラ長時間やるのは非効率。短い時間で集中してやれ!」「1日10時間くらいは勉強しないとダメ」などなど。

 

サッカーの練習も「2時間程度で集中して済ませた方が良い」「技術的なものは長時間やらなければ身に付かないから何時間も練習しろ」などなど。

 

誰もが量と質について考えたことがあると思います。

 

どっちを優先したらいいの?となりますが、結論から言うと、両方です。

 

というかそれしかありえないでしょ。

 

厳密に言うと、初心者のうちは量をこなし、ある程度量をこなしていくと質が伴ってくるという感じです。

 

何も知らないのにいきなり質を重視しようとしても、まず無理です。

 

例えばブログ。

 

今まで記事はおろか、文章をまともに書いてきたことが無い人が質の良い記事を書こうとしても、どのようなものが質の良い記事なのか、質の良い記事の作り方が分からず、精々出来ても、プロのブロガーが鼻をほじりながら5分程度で書いた記事と同じ質位です。(むしろそれ以下の可能性もあります)

 

そこで、まだ初心者の時はとにかく量をこなしていきます。

 

まだブログを始めたばかりだと、とにかく記事数がモノを言います。

 

質を気にせずとにかく書いていきます。

 

たくさんの記事を書いていくうちにだんだんと「ここの表現の仕方もっと工夫出来るんじゃないかな?」「このように書いた方が分かりやすいかな?」といった具合に、改善点が見えるようになります。

 

そして、たくさん出てくる改善点を1つずつ潰していくことで少しずつ記事の質が上がっていき、やがて質の伴った記事を量産出来るようになります。

このように、最初は量をこなしていき、次第に質が伴ってくるようなことを量質転化の法則と言います。

 

イケハヤさんも、ブログは初心者ほど量をこなせとおっしゃられています。


量より質?質より量?〜その論争に終止符を打ちます。

 

僕もある程度記事を書いてきましたが、初期の頃に比べると文を書くのが楽になっていたり、多少表現が上手くなったのではないかと思います。

↓初期の記事

 

www.athleteeeee.net

 

 

www.athleteeeee.net

 

 

www.athleteeeee.net

 

 

もちろん、ブログだけでなく、他の物事も同じです。

 

筋トレも最初はフォームがぐちゃぐちゃでどの筋肉に効いているのか分からないけど、やっていくうちにどうすればターゲットの筋肉を上手く鍛えることが出来るようになるのか分かっていき、効率良く、質の良いトレーニングをすることが出来るようになります。

 

最初に量をこなしていき、少しずつ質を上げていく。

 

質の高いことをたくさんの量出来るようになると、もうあなたはその道のプロです。

 

何かのプロになりたければとにかくまずは量をこなすこと。

 

そうすればやがてあなたはその道のプロです。

 

 

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生