生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

「ドラゴンボール超 ブロリー」を見てきた

実は僕、小さい時からドラゴンボールの大ファンなのです。

 

家には漫画が1巻から42巻全て揃っており、アニメも無印版からGTまで視聴済み、映画も全作視聴済みです。

 

現在はやっていませんが、ドラゴンボールのデータカードダスのアーケードゲームもやっていました。

 

あ、でもゲームはほとんどしていませんね。

 

フィギュアなどのグッズも買っていません。

 

ちなみに1番好きなキャラはセル戦、ボージャック戦のスーパーサイヤ人2の悟飯です。

 

そんなそこそこのドラゴンボールマニアの僕ですが、先日「ドラゴンボール超 ブロリー」を見に行きました。

 

本当はもっと前に見にいきたかったのですが、色々と忙しかったため中々見に行くことが出来ませんでした。

 

で、実際に見に行った感想は、

 

今までの設定を考えなければおもしろい

 

と、なりました。

 

 

バトルシーンがワクワクする

※以下、ネタバレ注意です!

 

やはり、最新の映画だけあって、今までの映画よりバトルシーンがよく描かれていました。

 

特にゴジータ対ブロリーの戦いは戦闘の描写が非常に派手で、演出やインパクトも大きく、とても白熱したものでした。

 

思わず、見ていた僕も少年のような瞳でスクリーンに見入ってしまいました。

 

映画館で見たからこそ「最近の映画技術はすげえなぁ」と感じたのかもしれませんが、22歳の僕でも大興奮だったので、おそらくキッズ達は映画を見終わった後はスーパーサイヤ人になってしまったでしょうね。

 

パラガス、ナッパの登場

ドラゴンボールの映画を全て見てきた僕ですが、1番好きな映画は「ドラゴンボールZ 燃え尽きろ!!熱戦・列戦・超激戦」です。

 

これは、ブロリーが初登場した映画ですが、なんとこの映画には今作でも登場したブロリーの父、パラガスが登場するのです。

 

僕のドラゴンボールの好きなキャラは悟飯と言いましたが、それはかっこいい部門で、面白い部門だとパラガスが堂々の1位です。

 

「なんでパラガスが1位なの??」と思う方は、是非Youtubeでパラガスと検索してみてください。

 

きっとあなたもパラガスの面白さに気づくことでしょう。

 


もしもパラガスが一人用のポッドでお迎えにきたら

また、過去の回想としてベジータ王、ベジータ、ラディッツ、そしてナッパが登場します。

 

ナッパといえば、髪の毛が無いという印象を抱いている人が大半だと思います。

 

しかし、今作の過去回想で登場したナッパはなんと、髪がフサフサなのです。

 

髪がフサフサのナッパなんて信じられますか?

 

原作の設定だと、純粋なサイヤ人は産まれてからずっと頭髪の変化はない、とされていました。

 

ベジータはGTでは多少髪型が変化していますが、あまり大きな変化は無く、悟空に関しては全作品を通して同じ髪型です。

 

悟飯やトランクスはサイヤ人と地球人のハーフなので、髪が伸びていましたけどね。

 

原作の設定に当てはめると、ナッパは産まれた時から頭髪が無い状態でなければいけないのですが、昔はあったそうなので、ハゲる時はハゲるのかもしれません。

 

突っ込みどころは色々あるがそれでもおもしろかった

サイヤ人の頭髪についての設定のように、他にも原作や過去作の設定を無視したところはありました。

 

例えば、悟空がまだ赤ん坊の時に惑星ベジータから地球に飛ばされたのは原作では潜在能力が低いため、レベルの低い地球に送り込まれたという設定でしたが、今作ではバーダックがフリーザが惑星ベジータを滅ばそうとしていることを知り、悟空を助けるため別の星に送った、という設定になっています。

 

他にも、悟空やベジータは過去作で既にブロリーと何回か会っているにも関わらず、今作では、今回が初めての出会いのように描かれていました。

 

パラガスとブロリーはずっと人が生きるには厳しい環境の星に何年も取り残されていたなど、色々過去作を知っていると突っ込みたくなる場面がありました。

 

過去作が大好きな人からすると「こんなんドラゴンボールじゃねえ!」「超は駄作」と思うかもしれませんが、それを抜きに考えると、ストーリーもしっかりしていてとても面白かったです。

 

ドラゴンボールじゃないと言われても、今作もドラゴンボールの一部ではあるので、僕は十分楽しめました。

 

まだ見ていない人は是非見に行ってみてください!