生涯アスリートである

筋トレ関連を中心に、自分が学んだこと、日々の日常で疑問に思ったことをアウトプットしています!

ツイッターで情報発信をしていると、有名人になれるかもしれない

今の世の中には様々なSNSがあります。

 

もちろん皆さんもなにかしらのSNSを利用していますよね。

 

ツイッター、ライン、フェイスブック、インスタグラム。

 

色々ありますが、今回はツイッターに関しての記事です。

 

皆さんはツイッターをどのように利用していますか?

 

リアルの知り合いだけをフォローしている?

 

芸能人やスポーツ選手などの有名人をフォローして最近の動向を見ている?

 

インフルエンサーと呼ばれる人をフォローして情報収集をしている?

 

どんな使い方でも良いと思います。

 

ツイッターの使い方に間違いなんてありません。

 

自分の使いたいように使えばそれで良いです。

 

僕はツイッターのアカウントが3つありますが、それぞれリアルの知り合い用のアカウント、ブロガー用のアカウント、有名人をフォローしているアカウントと使い分けています。

 

色々な人をフォローしていると、タイムラインが充実して様々な情報を収集することが出来ます。

 

もちろん、それだけでも十分楽しいのですが、ツイッターをもっと楽しむために、是非やって欲しいことがあります。

 

それは、自分から呟く(情報発信)することです。

 

ツイッターは確かに情報収集に便利ですが、そもそもの使い方は、呟いて独り言を書いていくというものです。

 

自分から呟くことによって、他の人からどんな反応が得られるか、どのような内容をツイートしようかという楽しみが出来ます。

 

ツイートには、160字の文字制限があるので、いかに160字以内で自分の言いたいことを言えるかという要約力も付けることが出来ますね。

 

「何をツイートすれば良いか分からない!」

 

なんでも良いのです。

 

今日一日の振り返り、本の感想、映画の感想、今やっていること。

 

そこら中にツイートのネタが溢れかえっています。

 

とあるツイートを引用リツイートして、そのツイートに関しての考察を呟いてみても面白いかもしれませんね。

 

僕はまだ経験したことがありませんが、たまに、すごく面白い内容だったり、為になる情報を発信すると、どんどんリツイートされていきます。

 

俗に言うバズる、ってことですね。

 

普段からツイッターの通知をONにしている人は携帯が鳴り止まないそうですね。

 

もし、自分が発信した情報が1万人、10万人と拡散されると、一気に有名人になった気分になります。

 

リアルの世界で10万人の人に向けて情報発信なんて滅多に出来ないですからね。

 

そう考えると、ツイッターはただの凡人でも有名人になれる可能性のある夢のあるツールです。

 

しかし、ただ普通に利用しているだけでは有名人になれない。

 

有名人になりたいならどんどん呟け!

 

 

自分らしく儲かるツイッター (扶桑社BOOKS)

自分らしく儲かるツイッター (扶桑社BOOKS)